2012年10月31日水曜日

Cassandra のインストール(Debian・Ubuntu編)

■インストールに必要なもの

  • apt-get コマンド
  • root 権限又は sudo を使用可能な権限
  • Oracle Java SE Runtime Environment(JRE)
  • (JRE1.6.0_19 以上が推奨されています。JRE1.7 のものは非推奨です。)
  • Java Native Access(JNA)
  • (Ubuntu 10.04 LTS を使用している場合はJNA3.4にアップデートが必要です。)
  • その他サーバーの推奨設定

■Cassandra のインストール

  1. Java のバージョンを確認
  2. 以下のコマンドで JAVA(JRE)のバージョンを確認します。

    $java -version

    JAVA(JRE)が 16.0_19 以上の Oracle の SunJava が推奨されています。また,JAVA(JRE)1.7 は非推奨です。 推奨されるバージョンがインストールされていない場合はここでインストールします。

  3. インストール用に Cassandra のリポジトリを設定
  4. apt-get を使用してCassandraをインストールするため、インストール用のリポジトリを設定ファイルに記載します。

    $vi /etc/apt/source.list.d/Cassandra.source.list
    deb http://www.apache.org/dist/cassandra/debian 11x main
    deb-src http://www.apache.org/dist/cassandra/debian 11x main
  5. Cassandra のリポジトリを使用するため公開キーを追加
  6. 以下のコマンドを実行し公開キーを追加します。

    $gpg –keyserver pgp.mit.edu –recv-keys 4BD736A82B5C1B00
    $pgp –export –armor 4BD736A82B5C1B00
  7. Cassandra をインストール
  8. apt のリストをアップデートした後、apt-get を使用してインストールします。

    $sudo apt-get update
    $sudo apt-get install cassandra
  9. Cassandra の起動
  10. Cassandra をインストールすると自動的に Cassandra が起動します。初期設定のまま起動されてしまうので、一度起動したCassandra を停止し初期化を行い、再び起動する必要があります。

    $sudo service Cassandra stop
    $sudo bash –c ‘rm /var/lib/cassandra/data/system/*
    $sudo service Cassandra start

0 件のコメント:

コメントを投稿

JWT(Jason Webトークン)を理解するJWT(Jason Webトークン)を理解する

JWT ( Jason Web トークン)を理解する   JSON Web Token はオープンスタンダードです。これは、任意の 2 つの機関 ( ユーザー、サーバー)間で情報を転送するために使用されます。 JWT では、ユーザーデー...